くらし情報『展覧会「説明しにくいこともある」東京・西新宿で開催 - 百聞は一見に如かず、シュールな映像作品』

2015年11月21日 19:35

展覧会「説明しにくいこともある」東京・西新宿で開催 - 百聞は一見に如かず、シュールな映像作品

展覧会「説明しにくいこともある」東京・西新宿で開催 - 百聞は一見に如かず、シュールな映像作品

展覧会「ジョン・ウッド&ポール・ハリソン 説明しにくいこともある」が、東京・西新宿のNTTインターコミュニケーション・センターで開催される。会期は、2015年11月21日(土)から2016年2月21日(日)まで。

[ この記事の画像を見る ]

イギリスを拠点に、パフォーマンスやアニメーション、建築的なセットやさまざまな装置などの要素を取り入れた映像作品を共同で制作するジョン・ウッド&ポール・ハリソン。作品は非常にユニークで、近年では、イギリス国内外で大規模な個展が開かれるなど、人気と評価を高めているアーティストだ。

シンプルなアイディアながら、意外性やメッセージ性を含んだ、彼らの作品。二人の人物が、マシンから発射されるテニスボールを避けようとする『二人三脚』や、空中に浮く椅子のアニメーション作品『グレーの椅子』など、独自の視点が光るものばかりだ。

展覧会のタイトルで「説明しにくいこともある」とある通り、彼らの作品は起こっている事実として認識する以外に、表現することが難しい。アイデアを具現化する工程で繰り替えした実験的な作業が「結果が予想できないこと」を生み出し、それゆえただ一回の事実が、ありえないこと、奇跡のように思える。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.