くらし情報『「安田靫彦展」東京国立近代美術館で開催 - 初公開作品など100点以上の有名歴史画が大集合』

2015年11月27日 14:45

「安田靫彦展」東京国立近代美術館で開催 - 初公開作品など100点以上の有名歴史画が大集合

「安田靫彦展」東京国立近代美術館で開催 - 初公開作品など100点以上の有名歴史画が大集合

「安田靫彦展」が、東京国立近代美術館で2016年3月23日(水)から5月15日(日)まで、開催される。

[ この記事の画像を見る ]

「安田靫彦展」は、歴史画の名作で知られる巨匠日本画家・安田靫彦の大回顧展。東京国立近代美術館では1976年以来、ちょうど40年ぶりの開催となる。有名作品から初公開となる作品まで、100点を超える代表作を展示。

出品作はすべて本画(デッサンや下絵を経て描かれた完成作品)である。ヤマトタケル、聖徳太子源頼朝源義経織田信長豊臣秀吉宮本武蔵など、教科書でもおなじみの時代のヒーロー達を描いた作品が並ぶ。「靫彦戦後の3大美女」と呼ばれる《王昭君》、《卑弥呼》、《飛鳥の春の額田王》も見どころ。歴史好きには必見の展示会となっている。

作品中の服飾・武具などは、当時最新の考古学や歴史学の知見にもとづいて描かれている。歴史画の巨匠が細かく描いた装飾品の部分にも注目だ。

【開催概要】
安田靫彦展
会期:2016年3月23日(水)~5月15日(日)
※作品保護のため、会期中一部作品の展示替えあり。
※《王昭君》《卑弥呼》�2016年3月23日(土)~4月17日(日)


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.