くらし情報『河原シンスケの個展「-神話の花たち-」が南青山・デコデボネアで開催 - 日本の花々、季節をアートに』

2015年11月28日 16:05

河原シンスケの個展「-神話の花たち-」が南青山・デコデボネアで開催 - 日本の花々、季節をアートに

河原シンスケの個展「-神話の花たち-」が南青山・デコデボネアで開催 - 日本の花々、季節をアートに

河原シンスケの個展「-神話の花たち-」が東京・南青山のセレクトショップ「 target="_blank">デコデボネア」で開催。期間は、2015年11月28日(土)から12月28日(月)まで。

[ この記事の画像を見る ]

フランスの『フィガロ』、『ヴォーグ』のイラストや、エルメス(HERM�S)、バカラ(Baccarat)などの広告を手がける河原シンスケ。ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)『ル マガジン』では、クリエイティブ ディレクションを担当するなど、世界を相手に幅広い分野で活躍するアーティストだ。

長い海外生活から日本に戻ってくると、俄かにその独自の自然の様子や神話が気になって日本旅に出る事が多いという河原。それらの話に登場する神話の花、例えば蒲、ガガイモ、ヒイラギ、柏、笹百合、笹、杉、檜、野葡萄などにまつわる逸話から着想を受けている。

また、日本の四季、二十四節気も題材に。立春で思い浮かぶ梅、雨水の杏など、日本だからこそ見られる”24の様々な情緒”が、河原の創作を促している。

作品としては、大きな屏風や立体作品、ヨーロッパのアンティークフレームに入れた絵など約40点が登場。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.