くらし情報『新宿で「魔除け ―身にまとう祈るこころ―」展 - 民族の服飾に見られる多様な魔除けを紹介』

2015年12月11日 19:15

新宿で「魔除け ―身にまとう祈るこころ―」展 - 民族の服飾に見られる多様な魔除けを紹介

新宿で「魔除け ―身にまとう祈るこころ―」展 - 民族の服飾に見られる多様な魔除けを紹介

アジア・アフリカ地域を中心に、各民族の服飾に見られる多様な魔除けの役割を紹介する「魔除け ―身にまとう祈るこころ―」展が開催される。場所は、東京・新宿の文化学園服飾博物館で、期間は2015年12月17日(木)から2016年2月17日(水)まで。

[ この記事の画像を見る ]

暑さ寒さに対する温熱調節はもちろん、身を護る役割もある服。科学が発達する以前、生命を脅かす目に見えないものを人々は「魔」とみなした。病気や死、狂乱などは、目には見えない魔的なものが人の体に侵入することにより引き起こされると信じられていたのだ。そこで人々は、「魔」を追い払う力や神聖さを保つ力があるとされる文様や色、素材を衣服に使用していた。

例えば、魔の侵入口と考えられた衣服の開口部や目の行き届かない背部には、刺繍やビーズなどで結界を築き、耳や額など人間の機能や生命にかかわる大事な部分には、護符の意味を持つアクセサリーを身につけ身の安全を祈った。本展は、そんな世界各地の民族衣装や日本の服飾に見る魔除けの役割を探っていく。

【開催情報】
魔除け ~身にまとう祈るこころ~
会期:2015年12月17日(木)~2016年2月17日(水)


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.