くらし情報『映画『サウスポー』妻子を失ったボクシングチャンプ、悲しみの果て再びリングに向かう感動の人間ドラマ』

2016年1月19日 20:45

映画『サウスポー』妻子を失ったボクシングチャンプ、悲しみの果て再びリングに向かう感動の人間ドラマ

映画『サウスポー』妻子を失ったボクシングチャンプ、悲しみの果て再びリングに向かう感動の人間ドラマ

動画を見る

[ この記事の画像を見る ]

映画『サウスポー』が、2016年6月に全国公開。『プリズナーズ』や『 target="_blank">ナイトクローラー』で知られるジェイク・ギレンホールが主演を務める。ジェイクは本作のために半年の徹底したトレーニングと役作りをしたという。

怒りをエネルギーに相手を倒すチャンピオンボクサーのビリー・ホープは、その荒々しいプレースタイルが故に、最愛の妻と娘を失ってしまう。本作は、ボクシングへの情熱を失ってしまったビリーが、亡き妻と最愛のひとり娘のために自分を変え、再びリングへ上がる姿を描くヒューマンドラマだ。

妻・モーリーンには、本年度のアカデミー賞にもノミネートされ、今や全世界が注目する女優レイチェル・マクアダムス、ビリー再生の鍵となる男ティックにはアカデミー賞俳優のフォレスト・ウィテカーが抜擢された。

監督はデンゼル・ワシントンの怪演でオスカーをもたらした『トレーニング デイ』や、『イコライザー』など、激烈なアクションとほとばしる人間ドラマを鋭い感性で融合させる鬼才アントワーン・フークア。徹底的なリアリティにこだわり作り上げたどん底からの復活物語は、ヒップホップスター・エミネムの実体験に基づいているという。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.