くらし情報『スバイク(sbyke) - BMXとスケートボードが融合した新感覚の乗り物』

2016年1月30日 19:10

スバイク(sbyke) - BMXとスケートボードが融合した新感覚の乗り物

スバイク(sbyke) - BMXとスケートボードが融合した新感覚の乗り物

前輪がBMX(バイシクルモトクロス)、後輪がスケートボードという独特なデザインの乗り物「スバイク(Sbyke)」。見た目はかつてのキックボードを連想させるが、全く異なるアクションギアだ。

[ この記事の画像を見る ]

ボードやタイヤなどのパーツは、自由にカスタマイズが可能。独自の設計により安定した走行を実現し、フロントにはハンドブレーキを搭載。安全性も考慮されている。アクションギア未経験者でも楽しめ、経験者にとっては新しい感覚。BMXやスケートボードの様に迫力のあるトリックから、クルージングまで、様々な場面で自由に楽しめる。なお、同距離を移動した際のカロリー消費が自転車に比べ23%も多いためエクササイズにも最適だそう。

動画を見る

アメリカのラスベガスを拠点にするスバイク社は、レーサーであるバート&スティーブ・ウィルソン兄弟、発明家ブラッド・ウェンリによって2012年に設立。試作品はブラッドのガレージで誕生、デザイン及び設計はカリフォルニアのサンクレメンテで行われた。レースのエンジニアリングを活かしつつ、他には無い“滑らかさ”と“スピード感”を実現した。

日本では、リステア、ロンハーマン、ラブレスなどのセレクトショップで展開されている。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.