くらし情報『ケンゾー 2016年秋冬ウィメンズコレクション - 探究心の矛先は「セーラームーン」に向けられた』

2016年3月13日 05:35

ケンゾー 2016年秋冬ウィメンズコレクション - 探究心の矛先は「セーラームーン」に向けられた

ケンゾー 2016年秋冬ウィメンズコレクション - 探究心の矛先は「セーラームーン」に向けられた

ケンゾー(KENZO)の2016-17年秋冬ウィメンズコレクションが、パリ・ファッション・ウィーク8日目の2016年3月8日(火)に発表された。

[ この記事の画像を見る ]

今シーズンも、メンズコレクション同様に、インスピレーションの矛先は日本に向かっている。テーマは、自由気ままな冒険心と探究心。ブランドのDNAを頼りに、未来へ向けて歩みゆくケンゾーウーマンが見つけたクリエーションの中には、わが国を代表するアニメーション“セーラームーン”の要素が詰まっていた。

セーラー戦士たち同様に、ウエストは、高めの位置に設定したエンパイアラインが主流。また、セーラーカラー(襟)がジャケットを彩り“制服”スタイルを彷彿とさせる。

しかし、アニメ文化を率直に描くのではなく、上品にエッセンスを抽出するのがケンゾー流で、例えば、アームを長くする一方でボディはクロップド丈に設定したり、タイトなものにワイドなものを掛け合たり…と、シルエットにコントラストを付けて、キャラクターの存在をほんのり香らせるのだ。

一方で、高田賢三が手掛けたアーカイブからの影響は随所に散りばめられている。タンポポやアイリスといったフラワーたちは、ビーズ刺繍やプリントになってコートやドレスにのせて。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.