くらし情報『ファセッタズム 2016-17年秋冬ウィメンズコレクション - 今この瞬間、“東京”にあるもの』

2016年3月23日 14:50

ファセッタズム 2016-17年秋冬ウィメンズコレクション - 今この瞬間、“東京”にあるもの

ファセッタズム 2016-17年秋冬ウィメンズコレクション - 今この瞬間、“東京”にあるもの

ファセッタズム(FACETASM)が、2016-17年秋冬ウィメンズコレクションを発表した。

[ この記事の画像を見る ]

若手デザイナー支援のためのファッションコンテスト「第3回 LVMHプライズ(LVMH Young Fashion Designers Prize)」で日本人初となるファイナリストにノミネートを果たしたデザイナーの落合宏理。注目を浴びる今季のテーマは、 target="_blank">メンズコレクションと同じく“東京”。今この瞬間に変化を遂げつつある街の“レイヤー”を洋服に落とし込んでいく。

様々なエッセンスが混在しているアウターから紹介しよう。例えば、ジャケットともブルゾンとも言い難いアウターは、リブ編みの襟ぐりとラペルのディテールを重ねている。バックや袖下はジャケットらしいハリのある生地、フロントはブルゾンらしい光沢ある生地といった素材使い、メリハリあるリブの色使いや両玉縁のポケットのディテールも目を引く。何かと何かをドッキングさせた服は、そのほかにもトレンチコートとMA-1や、キルティングダウンとブルゾンといった組み合わせが提案されている。

クラシカルなペンシルストライプの生地を用いたシリーズは、たっぷりのプリーツによってデコラティブなデザインに。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.