くらし情報『TRAUMARIS|SPACEで川内倫子展開催 - 震災直後の被災地でとらえた風景を上映』

2012年5月2日 16:45

TRAUMARIS|SPACEで川内倫子展開催 - 震災直後の被災地でとらえた風景を上映

TRAUMARIS|SPACEで川内倫子展開催 - 震災直後の被災地でとらえた風景を上映

アートプロデューサー・ライター、住吉智恵が主宰する、ジャンルを超えたアートの編集室 “ TRAUMARIS|SPACE ”にて、川内倫子展 「Light and Shadow」が5月16日(水)~7月1日(日)の期間に開催される。

写真家・川内倫子が、震災直後の被災地でとらえた風景のスライド・ショウを、暗幕で覆った1人用のブースのなかで上映。がれきのなかで出逢った、飼い主と家を探しあぐねて彷徨う白と黒の鳩の、無垢で清廉なイメージは、やがて写真家の意識の中で、この世界を構成する二つの面=「光と影」へとつながってゆく。永劫に繰り返す生と死の営みにやりきれない無常感を感じながらも、その体験は「1人きりでこの世の不条理と向き合う」ための展示のアイデアへと結実した。

本展はここを皮切りに、世界各国の会場へと巡回する予定。本シリーズのオリジナルプリント10点も展示・販売し、経費を引いた売上は被災地の復興支援のために寄付される。

川内は、東京・恵比寿の東京都写真美術館にて、これまでの活動の集大成ともいえる個展を開催中。詳細は以下の記事でチェック:
東京都写真美術館で首都圏初となる川内倫子の個展「照度 あめつち 影を見る」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.