くらし情報『深井晃子、藤本壮介、長谷川祐子が語る「Future Beauty 日本ファッションの未来性」』

2012年8月3日 10:15

深井晃子、藤本壮介、長谷川祐子が語る「Future Beauty 日本ファッションの未来性」

深井晃子、藤本壮介、長谷川祐子が語る「Future Beauty 日本ファッションの未来性」

2012年10月8日(月・祝)まで東京都現代美術館で開催されている、「日本ファッション」の30年間の流れをたどる初の大規模な展覧会、「Future Beauty 日本ファッションの未来性」。開催に先駆け記者会見が行われ、ディレクションを手がけた、京都服飾文化研究財団(KCI)チーフ・キュレーターの深井晃子、本展の展示デザインを手がけた建築家の藤本壮介、東京都現代美術館チーフ・キュレーターの長谷川祐子が本展の魅力について語った。

[ この記事の画像を見る ]

深井晃子
日本ファッションは1970年代に三宅一生、そして80年代には川久保玲(コム デ ギャルソン)、山本耀司というの世界に誇る日本ファッションの巨匠たちを輩出しました。そして現在、そんな80年代に生まれた若いデザイナーたちが活躍を開始しています。日本ファッションのDNAを引き継ぐ彼らによって、日本のファッションはどんなふうな時代へ向かうのかを問いかける展覧会となっています。

本展では、三宅一生川久保玲山本耀司らの、今ではまぼろしとも言われている初期の作品と、若いデザイナーたちの作品を一堂に集めた、国内でも海外でも初の大規模な展覧会となります。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.