くらし情報『「Future Beauty 日本ファッションの未来性」展でみる、イッセイ ミヤケのクリエーション』

2012年8月15日 22:30

「Future Beauty 日本ファッションの未来性」展でみる、イッセイ ミヤケのクリエーション

「Future Beauty 日本ファッションの未来性」展でみる、イッセイ ミヤケのクリエーション

東京都現代美術館で開催中の、日本ファションの30年ををたどる「Future Beauty 日本ファッションの未来性」。日本ファッションが持つ創造性と、その力強いデザインに潜む文化的背景に焦点を当てる本展では、日本が誇る世界的デザイ ナー、三宅一生の作品も展示されている。

[ この記事の画像を見る ]

会場は4つのテーマで構成されており、セクション2「平面性」では、1994年春夏コレクションからブランドとして本格的にスタートした「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」が展示されている。独自の工程から生み出された“イッセイ・プリーツ”の登場は1988年に遡る。以来、リサーチと開発が重ねられ、より軽く、着やすく、扱いやすい機能性をそなえた「衣服のプロダクト」となる「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」が誕生した。

展示作品「PLEATS PLEASE Making Process 2012」は、実際の制作過程が5mのパネルで紹介されている。通常の機械によるプリーツ加工は、上下2枚の紙の間に縫製前の布地を一枚ずつ置いて、プリーツを刻むマシーンにかける。そしてプリーツがかけられた布地を服の形に縫製する。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.