くらし情報『世界初、現代美術界の奇才の大規模個展「会田誠展:天才でごめんなさい」開催 - 18禁部屋も!?』

2012年8月5日 16:35

世界初、現代美術界の奇才の大規模個展「会田誠展:天才でごめんなさい」開催 - 18禁部屋も!?

また、会田にとって日本の美術界への実質的なデビュー作であり、エログロ作家と呼ばれる原因にもなったという《巨大フジ隊員V S キングギドラ》(1993年)や、日本中を震撼させた連続幼女誘拐殺人事件と期せずして同時期に制作されていた「犬(雪月花)」シリーズ(1989年~)などを含む、性的描写や残虐性の強い作品も「18禁部屋」(仮称)で展示する。

さらに、会場には2008年以降、国内の美術大学等で学生たちと続けてきた、使用済みの段ボールでゴシック教会の祭壇彫刻のようなレリーフを制作するワークショップ「モニュメント・フォー・ナッシングII」も登場。その成果が集結し、鑑賞者も参加できる公開ワークショップを期間中も続けることで最終日のプロジェクト完結を目指す。本プロジェクトは、一般の個人からも広く資金支援を募り、サポーターと一緒に展覧会を盛り上げる新しい取り組み「会田誠:平成勧進プロジェク」を実施中。(詳細URL:森美術館ウェブサイト WWW.MORI.ART.MUSEUM)

【展覧会概要】
「会田誠展:天才でごめんなさい」
会場:森美術館
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
会期:2012年11月17日(土)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.