くらし情報『国立国際美術館で「宮永愛子:なかそら−空中空−」展-時間と共にうつろい、記憶に残る芸術』

2012年9月2日 15:30

国立国際美術館で「宮永愛子:なかそら−空中空−」展-時間と共にうつろい、記憶に残る芸術

国立国際美術館で「宮永愛子:なかそら−空中空−」展-時間と共にうつろい、記憶に残る芸術

国立国際美術館では、2012年10月13日(土)~12月24日(月・休)の期間、「宮永愛子:なかそら−空中空−」を開催する。新作を中心に、近年発表された作品を展示。注目の若手作家による、独自の世界観にあふれた展覧会となっている。

[ この記事の画像を見る ]

宮永愛子は京都市生まれ。京都造形芸術大学美術学部彫刻コース、東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修士課程修了。2011年に第22回五島記念文化賞美術新人賞を受賞するなど、若手アーティストとして注目を集め、2012年4月、ディオールのディオール銀座リニューアルオープン記念エキシビジョンでは、ピーター・リンドバーグ、デビッド・リンチ、名和晃平らとともに宮永の作品も展示された。

常温で昇華するナフタリンを素材として用いる等、時間と共にうつろいゆく事象を作品としてきた宮永。その作品からは、かたちあるものは変わりゆくという作家の思考を垣間見ることができる。今回、「なかそら」をテーマに新作に挑んでいる。何かの途中、といった意味を込めたその言葉は、ものが変化する様に対する宮永の意識を映し出しているのかもしれない。

「私の作品は変化を伴なう-別に特別なことではない。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.