くらし情報『グッチ銀座でヴィスコンティの隠れた名作「夏の嵐」上映中、11月はアントニオーニ「女ともだち」』

2012年10月22日 18:00

グッチ銀座でヴィスコンティの隠れた名作「夏の嵐」上映中、11月はアントニオーニ「女ともだち」

グッチ銀座でヴィスコンティの隠れた名作「夏の嵐」上映中、11月はアントニオーニ「女ともだち」

映画監督マーティン・スコセッシが創設した「THE FILM FOUNDATION」が修復・復元した名作映画を毎週水・土・日曜日の午後1時より、入場無料/完全予約制で上映しているグッチ銀座6階のシネマルーム「シネマ ヴィジョナリーズ」。10月はルキノ・ヴィスコンティにとって最初のカラー映画としても知られるの「夏の嵐」(1954年)を上映中。また、11月はミケランジェロ・アントニオーニの「女ともだち」(1955年)を上映予定だ。この2作品は現在日本国内でVHS、DVDともに生産されておらず、限られた機会でしか鑑賞できない隠れた名作である。

[ この記事の画像を見る ]

「シネマ ヴィジョナリーズ」は、「The Film Foundation」のフィルム修復・保存プログラムを2006年より支援してきたグッチ(GUCCI)が今年6月に開設。損傷・劣化しやすいフィルムをよみがえらせ、後世に作品を伝えていくという活動の意義を広めるため、修復された作品を上映している。プログラムは、12月2日(日)でいったん終了するが、好評につき2013年も延長されることが決定した。

【作品情報】
■10月の上映作品:「夏の嵐(SENSO)」


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.