くらし情報『ファッションを考える勉強会開催、第1回はヴィヴィアン・ウエストウッドにフィーチャー』

2012年10月23日 16:50

ファッションを考える勉強会開催、第1回はヴィヴィアン・ウエストウッドにフィーチャー

ファッションを考える勉強会開催、第1回はヴィヴィアン・ウエストウッドにフィーチャー

ファッションのつくり手であるデザイナーに焦点を当てることで、装いの文化や社会現象を考える勉強会「Think of Fashion」が開催される。第1回目は2012年10月28日(日) 。「ヴィヴィアン・ウエストウッドとその受容」について取り上げ、文化学園大学非常勤講師の菊田琢也とモデレーターの高城梨理世とともに考えていく。

[ この記事の画像を見る ]

パンク・ムーヴメントの象徴として、 あるいは英国を代表するデザイナーとして 知られるヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)。 挑発的でありつつもエレガントな服作りは、1970年代以降、路上からランウェイまで、 多くの人たちに影響を与えてきた。

今回はヴィヴィアン・ウエストウッドの足跡を辿るとともに、 彼女が残したアイテムの数々が、日本の女の子たちにどのように受容されていったのかについて探ることで、ファッションの「着る」という側面について考察する。

【プロフィール】
講師:菊田 琢也
1979年山形生まれ。縫製業を営む両親のもと、布に囲まれた環境のなかで育つ。2003年筑波大学卒。在学時にファッション研究を志す。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.