くらし情報『ファッションを考える勉強会の第2回が開催 - ケイスケカンダを通して読み解く「ガーリー」の突然変異』

2012年11月12日 18:50

ファッションを考える勉強会の第2回が開催 - ケイスケカンダを通して読み解く「ガーリー」の突然変異

ファッションを考える勉強会の第2回が開催 - ケイスケカンダを通して読み解く「ガーリー」の突然変異

ファッションのつくり手であるデザイナーに焦点をあてて、人々の装いについての文化や社会現象を考えていく勉強会「Think of Fashion」の第2回目が、2012年11月25日(日)に開催される。今回は、「keisuke kanda-『ガーリー』の突然変異」をテーマに、埼玉大学非常勤講師の小澤京子とモデレーターを務める高城梨理世とともに考える。

[ この記事の画像を見る ]

日本のサブカルチャーの特徴とされる、「kawaii」という形容を始め、ファッションにおいても「ガーリー」であることが価値を持ち続けてきた。その系譜の中でも、ケイスケ カンダ(keisuke kanda)は近年若い女性たちの間でカルト的な人気を誇るデザイナーであり、異彩を放つ存在だ。

講演会では、主に1970年代以降の「ガーリーファッション」の流れを踏まえつつ、「記号的なもののパロディとしてのリボン」、「着られる保健室」、「マンガチックなアヴァンギャルド」などをキーワードに、ケイスケ カンダの特殊性に注目する。彼について語ることを通して、「ガーリーであること」が日本のサブカルチャーの中で持ってきた意味もまた、浮かび上がってくるだろう。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.