くらし情報『アートユニット「パラモデル」によるインスタレーションがメゾンエルメスにて開催』

2013年2月13日 13:45

アートユニット「パラモデル」によるインスタレーションがメゾンエルメスにて開催

アートユニット「パラモデル」によるインスタレーションがメゾンエルメスにて開催

プラレールやミニカーといった玩具で空間を埋め尽くしてゆく展示で注目を集めるアートユニット、「パラモデル」による新作インスタレーション"「パラの模型 / ぼくらの空中楼閣」 パラモデル展"が東京・銀座のメゾンエルメスにて開催される。会期は2013年2月16日(土)から5月6日(月・祝)。

[ この記事の画像を見る ]

パラモデルは、林泰彦中野裕介によるアートユニットで、美術作品が特定の場所に帰属する性質を持つ”サイトスペシフィック・アート”を発表し続けている。ユニット名である「パラモデル」は、彼らの制作哲学そのものを示すキーワードとして、過去から現在に至るまで展覧会や作品のタイトルなどにも頻繁に使用されてきた。パラレル、パラドックス、パラメーター、パラサイト、パラダイスなどの言葉を示唆する接頭語である「パラ」と、模型や設計図を連想させる「モデル」という二つの言葉による造語で、これらに導かれるように、彼らのインスタレーションも無数の可能性を誘発する。建築パーツや部品から組み立てられた世界は極度にコード化されてゆく現代を象徴的に示しながら、永遠に組み直されてゆく都市や有機体のように広がり続ける。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.