くらし情報『書体デザイナー・大平善道が届けるオシャレな印鑑「ハウスオブハンコ」』

2013年6月18日 16:10

書体デザイナー・大平善道が届けるオシャレな印鑑「ハウスオブハンコ」

書体デザイナー・大平善道が届けるオシャレな印鑑「ハウスオブハンコ」

卵をイメージしたやわらかなフォルムが特徴のオシャレな印鑑が登場した。

[ この記事の画像を見る ]

この印鑑は、書体デザイナー・大平善道が、現代の感性と日本の工芸技術を融合させて生みだしたもの。その名も「ハウスオブハンコ(HOUSE OF HANCO)」。文字にたずさわる仕事をして40年。書体づくりにも通ずる、美意識と感性を込めた自信作だ。素材に選んだのは、無垢な真鍮と錫(すず)。どの印鑑も、洗練された技術をもつ職人のもと手作業でつくり出されている。

表面の仕上げは、好みに合わせて6種類の中からチョイス可能。刻印する書体バリエーションは4種類。すべての印鑑は国内で生産。富山県高岡市「能作」にて鋳造、新潟県燕市「長谷川彫金所」にて印面の彫りが行われる。印鑑には専用のヒノキのケースもセット。こちらもフォルムが美しい。

大平善道 タイポグラファー
1951年、福島県生まれ。1984年、有限会社エイワン設立。写植組版に携わるのがきっかけでデジタル書体づくりへ移行。「ZENオールド明朝」「ZEN角ゴシック」「紅道」など和文、欧文フォントを多数制作。2012年12月「ZEN丸ゴシックN」を発表。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.