くらし情報『豊島横尾館を手掛けた建築家・永山祐子の展覧会「建築から始まる未来」』

2013年10月31日 18:50

豊島横尾館を手掛けた建築家・永山祐子の展覧会「建築から始まる未来」

豊島横尾館を手掛けた建築家・永山祐子の展覧会「建築から始まる未来」

2013年11月6日(水)から11月24日(日)まで、建築家・永山祐子にフィーチャーした展覧会「建築から始まる未来」が、東京・表参道のGYREで開催中。

[ この記事の画像を見る ]

永山祐子は、2013年7月に完成した横尾忠則の美術館「豊島横尾館」などを手掛けた建築家。永山が2013年の夏に瀬戸内海周辺の二つの場所で手がけた「豊島横尾館」と「AT ART UWAJIMA 2013」は、建築やアートのエネルギーによって地域再生をめざし、未来に繋がる新たなコミュニティを生み出すことを目的としたプロジェクトだ。

本展覧会では、この2つのプロジェクトを映像、写真、建築模型を用いて会場にヴィジョンを浮かび上がらせることで、来場者に実際に現地を訪ねたような感覚を演出。ほかにも「理想の街をつくる」をテーマにした観客参加型の展示も設置されている。

また、11月17日(日)には、ゲストに現代美術作家・束芋を迎えたトークショーが開催される。

【プロフィール】
永山祐子
1975年東京生まれ。98年昭和女子大学卒業。98年青木淳建築計画事務所入所。2002年永山祐子建築設計設立。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.