くらし情報『メゾンエルメスでクリスチャン・ボヌフォアの日本初個展 - 60年代芸術運動に感化された絵画を展示』

2013年11月7日 17:05

メゾンエルメスでクリスチャン・ボヌフォアの日本初個展 - 60年代芸術運動に感化された絵画を展示

メゾンエルメスでクリスチャン・ボヌフォアの日本初個展 - 60年代芸術運動に感化された絵画を展示

2013年12月13日(金)から2014年2月28日(金)までの期間中、銀座メゾンエルメス�フォーラムにて、フランスを代表する作家の一人であるクリスチャン・ボヌフォワ展が開催される。

[ この記事の画像を見る ]

ボヌフォワは1948年生まれで、美術史家としてキャリアをスタートさせたが、1970年、フランスの作家のアンリ・マティスのレリーフ状の彫刻、「Dos(背中)」に感銘を受け、画家を志すようになった。

作風は60年代末に起こったフランスの芸術運動「シュポール/シュルファス」に影響を受けている。「シュポール/シュルファス」とは直訳すると「支持体/表面」という意味で、素材と表現方法を根底から追求するという動きのことだ。ボヌフォワはこの芸術運動に感化され、ミニマリズムをも彷彿とさせるストイックな作品を作り上げ、且つ伝統的な絵画への問いを物理的、哲学的に追求。絵画の物質的要素に着目し、透過性のある素材を使い、自立したオブジェになることを目指している。

これまで、フランス国内ではパリのポンピドゥー・センターやマティス美術館などで大規模な個展を開催してきたが、日本では初個展となる。ミニ・レトロスペクティブ(回顧展)


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.