くらし情報『20世紀を代表するストリート写真家、ゲイリー・ウィノグランドの個展 - 六本木で開催』

2013年12月8日 19:00

20世紀を代表するストリート写真家、ゲイリー・ウィノグランドの個展 - 六本木で開催

20世紀を代表するストリート写真家、ゲイリー・ウィノグランドの個展 - 六本木で開催

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムが、写真家ゲイリー・ウィノグランド個展「The Animals / Women Are Beautiful」を、2013年12月7日(土)から12月27日(金)まで開催する。ここでは、ウィノグランドの代表作である『The Animals』(1969年)と『Women Are Beautiful』(1975年)の2つのシリーズより、70年代から80年代にかけて現像された約20点が展示される。

[ この記事の画像を見る ]

1928年、ニューヨークに生まれたゲイリー・ウィノグランド。空軍に所属していた第二次世界大戦中に写真をはじめた彼は、ニューヨーク市立大学で絵画、コロンビア大学で絵画と写真を学び、ニュー・スクール・フォー・ソーシャル・リサーチでは、アレクセイ・ブロドビッチのもとでフォトジャーナリズムを勉強した。その後はフリーランスとして「ライフ」「ルック」を中心に、数多のニュース雑誌やファッション雑誌に寄稿するようになっていく。

ウィノグラントにとって転機となったのは、1960年代に入った頃。この時期、ロバート・フランク、ウィリアム・クラインらに影響を受けたウィノグラントは、次第に商業写真から疎遠になっていった。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.