くらし情報『上質な木材を使用した「LSTN」のヘッドフォン、日本初上陸 - 暖かな音色が魅力』

2013年12月21日 14:30

上質な木材を使用した「LSTN」のヘッドフォン、日本初上陸 - 暖かな音色が魅力

上質な木材を使用した「LSTN」のヘッドフォン、日本初上陸 - 暖かな音色が魅力

音楽の力で社会貢献や環境問題を促進するために設立した、ヘッドフォンブランド「LSTN」の、ビジュアルと音の美しさにこだわったヘッドフォンが2014年春に日本に初上陸する。

[ この記事の画像を見る ]

発売されるアイテムは、上質な廃材を使用したオーバーヘッドフォン、オンイヤーヘッドフォン、カナル型イヤフォンの3種類。カラーは、ピアノのキーなどに使用されるダークブラウンの「Enbony」、高級な家具やギターに使用される、オレンジ系カラーの桜の木「Cherry」、北アメリカのブナの木を使用した薄茶色の「Beech」の3色が揃う。

「LSTN」は、カリフォルニア州にて設立されたブランド。製品の特長として、展開されているヘッドフォンは全て環境に配慮するため、木を切り倒さず、家具とフローリング会社から供給されている廃材を使用している。使用している木に染色を施していないので、樹木独特の自然な色を楽しめるのも魅力だ。

同ブランドは、聴覚障害を持つ子どもたちの援助や、補聴器のカスタムメイドも行う。補聴器を必要としている人たちに、この10年間で100万個以上の補聴器を供給している。

商品は、キューブの公式サイト(http://www.cube-co.com/lstn-headphone-start/)


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.