くらし情報『展覧会「描かれたチャイナドレス」がブリヂストン美術館で開催 - 藤島武二ら日本洋画家を虜にした中国服』

2014年2月16日 11:15

展覧会「描かれたチャイナドレス」がブリヂストン美術館で開催 - 藤島武二ら日本洋画家を虜にした中国服

展覧会「描かれたチャイナドレス」がブリヂストン美術館で開催 - 藤島武二ら日本洋画家を虜にした中国服

ブリヂストン美術館が、2014年4月26日(土)から7月21日(月・祝)までの期間、展覧会「描かれたチャイナドレスー藤島武二から梅原龍三郎まで」を開催する。

[ この記事の画像を見る ]

古代から近世まで、アジアをリードしてきた先進国と言えば中国。そして西洋文化に目を向け始めた明治維新以降も、日本にとって中国は欠くことのできない存在となっている。

この展覧会では、日本で中国ブームがおこった大正時代、つまり1910年代から40年代にかけて描かれた中国服の女性像約30点が展示される。現地に赴いたり、日本人女性に着せたりと、藤島武二梅原龍三郎、藤田嗣治(レオナール藤田)などの日本人洋画家がこぞって描いた中国服。ルネサンス絵画などに影響を受けたヨーロッパ的技法を用いていながら、そこに描かれた東洋的美しさは、東西文化の融合をめざしたひとつの到達点ともいえるだろう。

また会場には、当時のチャイナドレス6点も登場。実物を見ることで、民族ごとの服装の違いや、時代の雰囲気を直に感じ取ることができる。

隣国として交流を続けてきた中国を、当時日本の芸術家たちはどう捉えていたのか。展示作品、そしてそれにまつわるエピソードをたどることで、その時代性や美しさが段々と見えてくる。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.