くらし情報『メゾン キツネが日本の“礼儀作法”をテーマにしたカプセルコレクション発売』

2016年4月18日 18:00

メゾン キツネが日本の“礼儀作法”をテーマにしたカプセルコレクション発売

メゾン キツネのカプセルコレクション「REISHIKI」は、日本語で礼儀作法を意味する“礼式”をテーマに柔道からインスパイアされている

(c) photo by Ren Hang


メゾン キツネ(MAISON KITSUNE)が4月19日、カプセルコレクション「REISHIKI」をメゾン キツネ直営店にて発売する。同コレクションは、日本語で礼儀作法を意味する“礼式”をテーマに、柔道からインスピレーションを得て製作されたもの。日の丸のポップなグラフィックに禅を思わせる黒と白のコットン、トリコロールのトライアングルをフィーチャーすることで、メゾン キツネのフランコジャポネのルーツを再解釈している。ルックは中国人フォトグラファーのレン・ハン(Ren Hang)によって東京の代々木公園で撮影された。ウィメンズでは、ダブルリング付ドレス(3万円)が発売される。一方、メンズでは、トリコロールストライプのスウィムショーツ(1万9,000円)、ダブルリングベルト付ショートパンツ(2万6,000円)、テディカラーシャツ(2万8,000円)といったアイテムを用意。その他、Tシャツ(1万500円)、スウェットトップス(2万3,000円)、コットンセーター(4万円)などのユニセックスなアイテムや、トートバッグ(6,500円)やベースボールキャップ(1万円)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.