くらし情報『下町情緒が宿る東京・谷中を安藤裕子が着物でぶらり歩く。懐かしの給食食器やナチュラルスムージーまで名店巡り【東東京タイムトラベルvol.3】』

2016年5月4日 20:00

下町情緒が宿る東京・谷中を安藤裕子が着物でぶらり歩く。懐かしの給食食器やナチュラルスムージーまで名店巡り【東東京タイムトラベルvol.3】

谷中の路地裏にあるスムージー専門店「Imena」で

Photo by Daisuke Uchida


下町情緒が宿る東東京エリアを散歩するなら、どんな装いで、誰と一緒がいいだろう?麗らかな春の日差しに照らされながら、ゆっくりとした時間が流れる街並みを縫っていると、「赤い花の道を二人がいつだって手と手を取り合って並んで歩くのよ」と歌った安藤裕子さんの柔らかな声を思い出す。思えば、この「のうぜんかつら」を収録したアルバム『Merry Andrew』の発売から、はや10年の年月が流れているが、彼女のイノセントな雰囲気は色褪せていない。それどころか年を重ねるほどに透明感に磨きがかかっているようにさえ感じられるのは、音と戯れ、己と向き合うことによって、より自由に羽ばたくことを覚えたからかもしれない。艶やかな着物をまとい、やさしい笑顔をみせる彼女と共に、東東京を彩る名店巡り、いざスタート。■谷中に店を構える「松野屋」の暮らしを彩る日用品まず足を運んだのは、町工場や農村の職人が作る素朴な日用品をそろえる「暮らしの道具松野屋」。松野屋は、1945年の創業以来、手ごろな値段かつ日常で使いやすい、「ベストでもベターでもない、ナイスなものづくり」から生まれる“暮らしの道具”の、卸しから製造まで行っている荒物問屋だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.