くらし情報『紙を丸める“クイリング”アートで解剖図を表現。和紙の色調を巧みに操るアメリカ人アーティスト』

2016年5月31日 13:00

紙を丸める“クイリング”アートで解剖図を表現。和紙の色調を巧みに操るアメリカ人アーティスト

紙を丸める“クイリング”アートで解剖図を表現。和紙の色調を巧みに操るアメリカ人アーティスト

アート作品における数ある技法の中に、細い紙を丸めたものを多数集めてひとつの作品を完成させる「クイリング」という技法がある。ルネサンス期の修道士たちが編み出し、後に19世紀の貴族女性たちが発展させたものといわれている。アメリカ・マサチューセッツ出身の女性アーティスト、リサ・ニルソン(Lisa Nilsson)はこのクイリング技法に和紙を用いるという意外な方法で作品を生み出し続けている。圧巻という一言がふさわしい彼女の代表作でもある“Tissues”というシリーズは、和紙のクイリングで人体の解剖図を表現したもの。人の内蔵や組織が和紙を丸めたモノで表現され、枠内にぎっしりと詰め込まれた作品からはグロテスクさもあるが美しさを感じることができる。リサ曰く、手染めされた和紙は色のバリエーションが豊富でプロジェクトにぴったりだったとのこと。また布地のように扱いやすく密度の高い仕上がりを可能とさせる点もお気に入りのようだ。ある日リサイクルショップでアンティークのクイリング作品を見かけた際に、以前手がけた“Boxes”というプロジェクトで使っていた素材と技法をクイリングと組み合わせたら面白くなるかも、と思いついたという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.