くらし情報『無印良品、中国の家に飾る“窓花”で新年を迎える「暮らしを寿ぐ切り紙 窓花」展開催』

無印良品、中国の家に飾る“窓花”で新年を迎える「暮らしを寿ぐ切り紙 窓花」展開催

2016年11月26日 12:00
 

「暮らしを寿(ことほ)ぐ切り紙 窓花(まどはな)」が開催

新年を迎えるにあたり、中国中央部の家々に飾られる“窓花(まどはな)”を紹介する展覧会「暮らしを寿(ことほ)ぐ切り紙 窓花(まどはな)」が、12月2日から17年1月22日まで東京・有楽町の無印良品 有楽町内にあるATELIER MUJIにて開催される。すべての人々が平安を願いながら年の瀬から新年を迎えるこの季節。中国中央部では新たな年を迎えるにあたり、自身の暮らす家の窓を“窓花”と呼ばれる窓を飾る小さな切り紙で飾りつける。同展では、そんな農村の女性たちが自らの手で作り続けている、素朴で温かみある窓花を紹介。そこに生きる人たちの生活に欠かせない動植物や、想像上の人物や生き物などをハサミと紙だけで表現した作品の数々が展示される。また、現地の人々が暮らす自然の崖地に横穴を掘った構造の家屋のファザード(建物正面部分)も展示される予定だ。12月7日には、現地で撮影した映像を見ながら実際に窓花作りに挑戦するワークショップを開催。17年1月16日には、映像作品『ヤンガー・ミンガー・サンワー』で現地の年越しや結婚式の情景を見ながら、その手仕事やフィールドワークの裏話などを聞くイベントが行われる。さらに同日には、12年のジャン・ルーシュ国際映画祭で無形文化遺産賞を受賞した、ヤオトン造りの過程を美しい映像で描いたフランスのドキュメンタリー映画『ヤオトン造りの小さな取り決め』も上映。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.