くらし情報『【HOHO#011 Report】キギ・渡邉良重さんのデザインをモチーフにミシンでお絵かき。世界に一つだけのハンカチ作り』

2017年10月19日 11:00

【HOHO#011 Report】キギ・渡邉良重さんのデザインをモチーフにミシンでお絵かき。世界に一つだけのハンカチ作り

【HOHO#011 Report】キギ・渡邉良重さんのデザインをモチーフにミシンでお絵かき。世界に一つだけのハンカチ作り

第11回目のHOHOは、表参道のH.P.DECOを会場に「ミシンを使ったOEKAKIワークショップ」と題し、刺繍ミシンで世界に一枚だけのハンカチ作りにチャレンジ!チクチクと細かな手作業で根気のいるイメージのある“刺繍”が、アイシン精機が2015年に発売したお絵かきミシン「OEKAKI50」の登場により、グッと手軽にできるようになったのです。

参加者のみなさんには、一人一台「OEKAKI50」を用意。まずはお絵かきのモチーフとなる下絵を一つ選びます。下絵には、HOHOのメンバーである、キギ(KIGI)のデザイナー渡邉良重さんのぬりえ本『ぬりえの赤ずきん、くるみ割り人形、不思議の国のアリス』の中から抜き出した、鳥やお花などの4種類のモチーフがあります。続いて、アイシン精機の細田さん・酒本さんのお二人から「OEKAKI50」のお絵かき機能と使い方についてのレクチャーを受けます。

「“OEKAKI50”は、一般的なミシンの刺繍機能と違い、自分で布を動かしながらフリーモーションで刺繍をすることができます。フットコントローラーを使えば、縫い幅の調整も可能で、思い描いたアイデアを布に“お絵かき”するように刺繍できるので、よりクリエイティブな作品作りが楽しめます」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.