くらし情報『チームラボの個展「永遠の海に浮かぶ無常の花」が金沢21世紀美術館で8月開催』

2019年4月1日 12:10

チームラボの個展「永遠の海に浮かぶ無常の花」が金沢21世紀美術館で8月開催

は、花々が生まれ、つぼみをつけ、咲き、やがては散り、枯れて、死んでいく様子が永遠に繰り返されるインスタレーション。あらかじめ記録された映像を再生するのではなく、人々のふるまいの影響を受けながら、コンピュータープログラムでリアルタイムで変容し続ける今この瞬間の絵は、二度と見ることができない。 

チームラボの個展「永遠の海に浮かぶ無常の花」が金沢21世紀美術館で8月開催
teamLab, Continuous Life and Death at the Now of Eternity, Cannot be Controlled but Live Together, 2019, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
© teamLab

この2作品が合わさった空間には、いかなる未知の体験が待っているのだろうか?
その他にも、墨跡が作品空間の中をダイナミックに左回りにも右回りにも回転していく「反転無分別 - Black in White」、来場者の描いた花々が壁に生まれ群生し広がっていく「グラフィティ フラワーズ ボミング」も展示される。

なお、チケットは6月上旬に発売予定。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.