くらし情報『スイーツだけじゃない! この冬編集部がオススメする“甘くない手土産”【冬の手土産】』

2019年12月26日 17:00

スイーツだけじゃない! この冬編集部がオススメする“甘くない手土産”【冬の手土産】

食事の後、まったりワインなど飲みながら過ごすのにぴったりです。秋から冬の季節限定の「モン・ドールA.O.P.」はスプーンですくって食べる、カスタードクリームのようにとろとろのチーズ。そのままでももちろん、パンやチーズをつけて食べてもGood。量り売りをしてくれる、好みをお話すとおすすめしてくれる、小分けにラッピングされたSale札のチーズでお試し買いできる、色んな点でつい、いつも手土産はアルパージュで選びがちです。(エディターI)

斉吉「金のさんま」
スイーツだけじゃない! この冬編集部がオススメする“甘くない手土産”【冬の手土産】
斉吉「金のさんま(6切入)」(1,000円)
斉吉の「金のさんま」は、一度知ったら病みつきになること間違いなしの一品。製造開始から完成までは4日間。代々、長い時間をかけて継ぎ足されてきた「返したれ」と生姜で、骨まで柔らかかく炊き上げられた美味しすぎるお手軽おかずで、ごはんのお供としてはもちろん、お酒のお供にもGOOD! 調理せずにそのまま食べられるので、日々家事に仕事に忙しいお母さんのサポートにもなるし、残業続きで疲れていそうな友人へのちょっぴり贅沢おうちごはんの一品にも重宝しそうです。個人的に一押しの食べ方は、さんまを器に盛り付けたあとに、しらがネギと白ごまをトッピングして炊きたての白米と一緒に楽しむこと。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.