くらし情報『ビュリーの“植物性パウダー”が新パッケージに。15世紀の文学作品や19世紀のラウンドボックスから着想』

2020年6月15日 15:00

ビュリーの“植物性パウダー”が新パッケージに。15世紀の文学作品や19世紀のラウンドボックスから着想

ビュリーの“植物性パウダー”が新パッケージに。15世紀の文学作品や19世紀のラウンドボックスから着想

オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー(OFFICINE UNIVERSELLE BULY)の「植物性パウダー」のパッケージがリニューアル。7月10日より、新デザインのパッケージで発売される。

ビュリーの“植物性パウダー”が新パッケージに。15世紀の文学作品や19世紀のラウンドボックスから着想

ビュリーの植物性パウダーは、ゴマージュやマスクとして、顔やからだに使えるスキンケアアイテム。日々のケアに取り入れることで、いきいきとした健康的な肌へと導いてくれる。

シンプルな手順で、自宅でも簡単に作ることのできる植物性パウダーを使ったパックやゴマージュは、肌の状態に合わせて選んだ茶さじ一杯のパウダーに植物オイルを数滴、さらにイオナイズド・ウォーターを加え、混ぜ合わせたら完成。自分の肌コンディションに合わせて、普段のスキンケアにプラスしたい。

パウダーは、ローズペタルパウダー(40g / 4,400円)、ピオニーパウダー(30g / 2,800円)、ロータスパウダー(20g / 1,600円)、レモンピールパウダー(40g / ¥4,000)、ヒヨコマメパウダー(50g / 1,500円)、オオバコパウダー(50g / 2,800円)、リコリスパウダー(70g / 3,900円)、ガスール(70g / 1,900円)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.