くらし情報『GFWで銀座三越が「藤娘」「勧進帳」など歌舞伎デザインをファッションに』

2013年10月18日 14:00

GFWで銀座三越が「藤娘」「勧進帳」など歌舞伎デザインをファッションに

「勧進帳」の武蔵坊弁慶の衣装とフリッカのドレス(右)

「勧進帳」の武蔵坊弁慶の衣装とフリッカのドレス(右)

銀座ファッションウィーク(GFW)の一環として、これまで歌舞伎の衣装にだけ使用されてきた舞台衣装のテキスタイルを使用した、1点モノのドレスや雑貨などを紹介する「GFW銀座リ・デザイン展~歌舞伎衣装との共演」 が、銀座三越9階テラス/テラスコートで開催されている。

同展は本来歌舞伎の演目で演者の衣装としてしか着ることのない、「藤娘」「土蜘」や「勧進帳」の武蔵坊弁慶の“翁格子”と呼ばれる正絹の反物をサポートサーフェス、タロウホリウチ、フリッカ、サカヨリ、アカネウツノミヤなどの日本のデザイナーが、1点物のコレクションを作成し、展示販売されている。さらに同じテキスタイルを使用した箱に入った銀座の銘菓詰め合わせや、シュシュ、バッグなどの雑貨も販売されている。

「以前は100軒近く京都にあった歌舞伎の衣装を製作する西陣の機屋さんも今では数軒しかなくなり、伝統工芸の職人の技術を今に伝え生かすためにも、今回の企画は重要。東京の若いデザイナーのコレクションの完成度もさすが」と今回の歌舞伎デザインモチーフのアイテムを手がけた着物スタイリストの冨田伸明さんは話す。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.