くらし情報『銀座ミキモトでミニチュアドーム展開催。アール・ヌーヴォーの稀少ガラス作品集合』

2014年1月27日 13:00

銀座ミキモトでミニチュアドーム展開催。アール・ヌーヴォーの稀少ガラス作品集合

東京・銀座のミキモトホールにて、「アール・ヌーヴォー~ミニチュアドーム展~ガラスに描かれた四季の煌き―ザ・コレクター・オブ・レザ・ファード(The Collection of Reza Fard)―」が2月20日より開催される。

今展では、ガラス工芸家・ドーム兄弟(Daum Freres)が行商用のサンプルとして制作した精巧なミニチュアを始め、花々や植物、四季折々の自然の風景などが描かれたガラス作品約150点を展示する。ミニチュアは、制作数が少ない上に販売用ではないため市場に出ることは稀少で、一度に鑑賞できる機会は貴重という。その他、パリ万国博覧会に出品された作品なども公開される。

ドーム兄弟は、1889年のパリ万博で成功を収めたエミール・ガレ(Emile Galle)に触発され、91年にガラス工房を設立。伝統的な職人技術を基礎としつつ、ガラス粉末を素地のガラスが熱いうちに付着させる「ヴィトリフィカシオン」と呼ばれる技法などを探求し、時代の要求に応える人気シリーズを創出。1900年開催のパリ万博におけるガラス部門でグランプリを獲得し、アール・ヌーヴォーを代表する工房の一つとなった。

【イベント情報】
「アール・ヌーヴォー~ミニチュアドーム展~ガラスに描かれた四季の煌き―ザ・コレクター・オブ・レザ・ファード―」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.