くらし情報『フェンディの伝統と革新伝えるアイコンバッグ「セレリア」が20周年』

2014年2月18日 21:00

フェンディの伝統と革新伝えるアイコンバッグ「セレリア」が20周年

時代とともに革新を続けてきた「アデーレ」

イタリア・ローマを代表するラグジュアリーブランド「フェンディ(FENDI)」のアイコンバッグシリーズ「セレリア(SELLERIA)」が今年、誕生20周年を迎える。1925年にフェンディを創設したアデーレとエドアルド・フェンディは、ローマの馬具作りの名匠達が守り受け継いできた技法を用いて、鉱物でなめした貴重なオランダ製カーフレザー“クオイオローマ”を手縫いでバッグに仕上げた。全行程を完全な手作業で、機械製のバッグの6倍もの時間が掛けられて製作されるバッグは、シンプルなデザインが世界中の女性達に支持され、その後も時代に合わせて進化を続けブランドの歴史を彩ってきた。そして1994年、フェンディのアイコンバッグ達は、フェンディ家3代目のクリエーティブディレクター、シルヴィア・フェンディによる「セレリア」シリーズの一員として現代によみがえった。更にシルヴィアは2013年、アデーレと5人の娘達、フランカ、パオラ、カルラ、アルダ、アンナにちなんで名付けられた六つのバッグと、更に二つのアイコンバッグ「バゲット(BAGUETTE)」と「ピーカブー(PEEKABOO)」を加えた八つの新作を発表。中でも、「アデーレ 1328(ADELE 1328)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.