くらし情報『焼き立てクッキー店・ソウルスナックスが銀座に誕生。手掛けるのは“ウニ好き”ニューヨーカー』

2014年5月13日 11:00

焼き立てクッキー店・ソウルスナックスが銀座に誕生。手掛けるのは“ウニ好き”ニューヨーカー

ラルフ・ロール。店内には彼の愛用ドラムも展示されている

ラルフ・ロール。店内には彼の愛用ドラムも展示されている

ニューヨークのクッキーショップ「ソウルスナックス(The Soul Snacks)」(東京都中央区銀座5-5-9)が、銀座ショコラストリートにオープンした。

ブランドを手掛けるのはブロンクス出身のドラマー兼ミュージックディレクター、ラルフ・ロール(Ralph Roll)。祖母直伝レシピのクッキーをアーティストに差し入れたところ好評を博し、ブランド設立に至ったという。ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)やウーピー・ゴールドバーグ(Whoopi Goldberg)、久保田利伸などをファンに持ち、スティング(Sting)やエルビス・コステロ(Elvis Costello)など多くのアーティストから届いた開店祝いのスタンド花が銀座店を飾っていた。アメリカの百貨店などで販売されていたが、路面店オープンは世界初。

直径約10cmのソフトクッキーは、オーダーから10分ほどで焼き立てをその場に用意。定番人気は生地にチョコレートを練り込んだ「ダウンホームダブルチョコチップ」(443円、価格はいずれも1枚単位)で、ブラックチョコとホワイトチョコ両方が楽しめる「エボニーアンドアイボニー」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.