くらし情報『節穴から見える三嶋章義の世界。渋谷NANZUKAで個展開催中』

2014年7月9日 16:00

節穴から見える三嶋章義の世界。渋谷NANZUKAで個展開催中

「節穴」

「節穴」

かつて、ルーペや顕微鏡など、レンズを通して小さな世界を見た瞬間を今も覚えているだろうか。自分が見ている世界はほんの一部で、知らない世界がその先に広がっている驚きを。信じがたいが、目に見えない程小さなものが自分同様に存在していることを。

気鋭のクリエーター・三嶋章義の個展「節穴」が東京・渋谷のギャラリー・ナンヅカ(NANZUKA)で8月2日まで開催中だ。

三嶋はヒロ杉山率いるエンライトメントに参加後、自身の創作活動だけでなく、ファッションブランド「フガハム(FUGAHUM)」のアートディレクションやテイ・トウワ(TEI TOWA)、大沢伸一など著名ミュージシャンのVJなど多岐にわたる活動を行ってきた。更に近年は、現代美術家としての評価も年々高まってきている。

三嶋にとって同ギャラリーでの個展3回目となる今回は、ペインティングを始め、映像やインスタレーションなどの作品計9点を展示。それらはインタラクティブな仕掛けで新たな発見をもたらす。

その仕掛けが、“節穴”だ。壁の節穴には室内を覗くようにレンズが仕込まれ、こちらとあちらをつなぐ。節穴の先にある空間には、ペインティング4点とオブジェ2点が展示されているが、そのレンズを通じて作品のディテールが一部拡大して見え、新鮮な印象を与える。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.