くらし情報『映画『サウンド・オブ・フリーダム』アメリカの闇、児童人身売買に切り込む実話がベース』

映画『サウンド・オブ・フリーダム』アメリカの闇、児童人身売買に切り込む実話がベース

映画『サウンド・オブ・フリーダム』アメリカの闇、児童人身売買に切り込む実話がベース

映画『サウンド・オブ・フリーダム』が、2024年9月27日(金)より全国公開。

児童人身売買の闇に切り込む、実在の人物を基にした社会派サスペンス
映画『サウンド・オブ・フリーダム』は、児童誘拐、人身売買、性的虐待といった国際的性犯罪の犠牲となった少年少女を救い出すため、危険な任務に挑んだ実在の人物ティム・バラード(元特別捜査官)の闘いを基にした社会派サスペンス。全米では『Sound of Freedom』として2023年夏に公開され、公開初日興行収入第1位を記録。2023年度の年間全米映画興行収入ランキングでは第10位となり、トップ10入りを果たした。

『パッション』のジム・カヴィーゼル×メル・ギブソンのタッグが再び
衝撃のシーンの数々で世界を揺るがした2004年公開の『パッション』でイエス・キリスト役を演じたジム・カヴィーゼルと、監督を務めたメル・ギブソンのタッグが再び実現する。

主演を任され、ティム役を演じるジム・カヴィーゼルは、ティム・バラード本人の職務に同行して役作りを重ねたという。そして『パッション』でジム・カヴィーゼルを輝かせたメル・ギブソンは、製作総指揮として参加。監督・共同脚本は、アレハンドロ・モンテベルデが務め、児童ポルノ犯罪の底知れぬ非道さに真正面から斬り込み、衝撃の社会派サスペンスを完成させた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.