くらし情報『映画『帰ってきたヒトラー』あの彼が21世紀に蘇り、ものまね芸人に!?衝撃のブラックコメディ』

2016年3月25日 10:30

映画『帰ってきたヒトラー』あの彼が21世紀に蘇り、ものまね芸人に!?衝撃のブラックコメディ

映画『帰ってきたヒトラー』あの彼が21世紀に蘇り、ものまね芸人に!?衝撃のブラックコメディ


映画『帰ってきたヒトラー』が2016年6月よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国順次公開される。

本作では、ヒトラーが21世紀に蘇るという設定。原作は、ヒトラーが現代に甦り、モノマネ芸人と誤解されて引っ張り出されたテレビの世界で大スターになるという大胆不敵な小説。2012年にドイツで発売後、絶賛と非難の爆風をくぐり抜け、国内で200万部を売り上げた。また世界41カ国で翻訳、権威あるタイムズのベストセラーリストでも1位に輝いた問題小説となっている。

本作では、配役を決めるにあたり、リアリティを追求するために、無名の実力派舞台俳優=オリヴァー・マスッチという人物をヒトラー役に起用。また、ヒトラーに扮した彼が街に飛び込み、実在の政治家や有名人、果てにはネオナチと顔をあわせるというアドリブシーンをもりん混んだセンセーショナルな撮影を敢行した。さらに原作とは異なる結末を用意している。

一見世界大戦から70年が経過した現代社会で、あの頃と全く変わらない思想とともに生きる男が感じさせるギャップに笑ってしまうだろう。しかし、民衆は誰よりも愛国心に飛んだ情熱やカリスマ的扇動に惹かれてしまう。そんなネット社会だからこそ持つ私たちの危険さも本作はあぶり出す。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.