くらし情報『東京都美術館で「ティツィアーノとヴェネツィア派展」ルノワールも憧れた“画家の王者”日本初大規模展』

2016年10月16日 21:45

東京都美術館で「ティツィアーノとヴェネツィア派展」ルノワールも憧れた“画家の王者”日本初大規模展

東京都美術館で「ティツィアーノとヴェネツィア派展」ルノワールも憧れた“画家の王者”日本初大規模展

日伊国交樹立150周年記念「ティツィアーノとヴェネツィア派展」が、東京都美術館にて2017年1月21日(土)から4月2日(日)まで開催される。

ミケランジェロが嫉妬し、ルーベンスやルノワールも憧れた“画家の王者”ティツィアーノ。神話の登場人物から教皇や貴族の肖像までを人間味あふれる姿で描き、ヨーロッパ中から人気を博した。彼の偉業は、後世の画家にも多大な影響を与えている。

本展は彼に光を当て、その真髄に迫る日本初の大規模展。ベッリーニ工房を中心に展開するヴェネツィア・ルネサンス初期、ティツィアーノの円熟期とヴェネツィア派の画家たちの時代、そしてティツィアーノ以後の巨匠たちの時代という流れに沿って、70点に近い絵画と版画を紹介する。

第1章 ヴェネツィア・ルネサンス初期
ルネサンス期のヴェネツィア美術の礎を築いたのは、ベッリーニ工房とヴィヴァリーニ工房。中でも、ヤコポ・ベッリーニに始まるベッリーニ工房は、息子ジェンティーレとジョヴァンニによって引き継がれ、数々の優れた画家たちが輩出された。ティツィアーノもその1人である。

第1章での見どころは、ティツィアーノ初期の代表作《フローラ》。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.