くらし情報『映画『リバーズ・エッジ』主演・二階堂ふみで岡崎京子の青春漫画を実写化 - 若者の生と欲望を鮮烈に描く』

2017年11月10日 21:20

映画『リバーズ・エッジ』主演・二階堂ふみで岡崎京子の青春漫画を実写化 - 若者の生と欲望を鮮烈に描く

映画『リバーズ・エッジ』主演・二階堂ふみで岡崎京子の青春漫画を実写化 - 若者の生と欲望を鮮烈に描く

岡崎京子による漫画『リバーズ・エッジ』が実写映画化。主演に二階堂ふみを迎え、2018年2月16日(金)に全国で公開される。

原作・岡崎京子、若者たちの生と欲望を鮮烈に描く
繰り返されるリアルなセックスや暴力、日常を生きることに対する違和感など、若者たちの心の揺らぎをその作品の中で描いた岡崎京子。中でも雑誌「CUTiE」で1993〜94年にかけて連載された『リバーズ・エッジ』は、青春漫画の金字塔として熱狂的な支持を集める代表作の1つだ。

若草ハルナ役に二階堂ふみ、山田役に吉沢亮
自由に生きる女子高生・若草ハルナ役に二階堂ふみ、執拗なイジメに遭い、河原の死体を心の拠り所にしている同性愛者の山田役に吉沢亮、そして、死体の存在を共有するモデル・吉川こずえ役にSUMIREと、これからの日本映画の新時代を担う若手俳優たちが出演。

そのほか、ハルナの恋人で山田をイジメる観音崎役の上杉柊平、山田への異常な愛を加速させる田島カンナ役の森川葵ら個性溢れる顔ぶれが、欲望と孤独を持て余し、生きることにもがく高校生たちのリアルな姿に体当たりで挑む。

『GO』『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲が監督
メガホンを取るのは、窪塚洋介が主演を務めた伝説的な作品『GO』や、社会現象も引き起こした恋愛小説の実写化作品『世界の中心で、愛をさけぶ』などで知られる行定勲監督。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.