くらし情報『映画『君の名前で僕を呼んで』対照的な青年2人が経験する、眩しき一夏の恋』

2017年12月2日 13:15

映画『君の名前で僕を呼んで』対照的な青年2人が経験する、眩しき一夏の恋

、脚色賞(ジェームズ・アイヴォリー)、歌曲賞(「ミステリー・オブ・ラブ」-作詞・作曲スフィアン・スティーヴンス)にノミネートされ脚色賞を受賞した。

脚色賞を受賞したジェームズ・アイヴォリーは『眺めのいい部屋』やカズオ・イシグロ原作を映画化した『日の名残り』などを監督したことで知られる監督&脚本家。『モーリス』ではヴェネツィア映画祭の監督賞を受賞した巨匠だ。彼は現在89歳。アカデミー史上最年長受賞記録を更新した。

11月24日に北米公開を迎えると、2017年のアカデミー賞で作品賞を受賞した『ムーンライト』の同期間の興行成績を抜き去ったほか、『スポットライト』『それでも夜は明ける』など、歴代アカデミー賞作品賞を受賞した近年の作品の興行成績も上回るなど、記録的なヒットを記録。

日本語吹き替え版に、入野自由津田健次郎
日本語吹き替え版の上映を要望する声が高まったことを受け、当初予定になかった吹き替え版上映が決定。ティモシー・シャラメ演じる主人公・エリオを担当するのは、人気アニメ「おそ松さん」や映画『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などで活躍する入野自由。17歳のエリオを瑞々しく演じながら、繊細な心の揺れや痛みを切なく切り取る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.