くらし情報『R・スコット新作映画『ゲティ家の身代金』愛する人を救うのは金か愛か?』

2017年12月16日 05:00

R・スコット新作映画『ゲティ家の身代金』愛する人を救うのは金か愛か?

R・スコット新作映画『ゲティ家の身代金』愛する人を救うのは金か愛か?

映画『ゲティ家の身代金』が、2018年5月25日(金)に全国の劇場で公開される。

R・スコットが描くスリリングな人間ドラマ
監督は『エイリアン』『ブレードランナー』『グラディエーター』『オデッセイ』など、これまで数多くの名作を世に送り出してきた巨匠、リドリー・スコット。彼の最新作は、1973年に発生した誘拐事件を、重厚なドラマとスリリングな展開で描く人間ドラマだ。

“世界中のすべての金を手にした”と言われた大富豪ジャン・ポール・ゲティ。愛する17歳の孫ポールが誘拐され、1,700万ドル(当時の価値で約47億円)という破格の身代金を要求されたゲティだったが、その支払いを拒否。彼は大富豪であると同時に、稀代の守銭奴でもあった。

離婚によりゲティ家から離れ、中流家庭の人間となっていたポールの母ゲイルは、息子のため誘拐犯のみならず世界一の大富豪とも戦うことに。一向に身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身に危険が迫るが、事件は思いもよらぬ展開へと発展していく。

脚本の段階から注目を集める
ハリウッドには、映画化前の優秀脚本リスト「ブラックリスト」と呼ばれるリストがある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.