くらし情報『「マッキントッシュ 0002」キコ・コスタディノフによる“ガラス”着想のコートやジャケット』

「マッキントッシュ 0002」キコ・コスタディノフによる“ガラス”着想のコートやジャケット

2018年2月10日 16:50
 

関連リンク

・100均からリメイクまで!お部屋のアクセントになってくれるティッシュカバーを紹介☆
・お洒落さんが【しまむら】で見つけた☆プチプラで揃うモノトーンアイテム15選をご紹介
・アイビー茜の今週のBeauty占い(5月28日〜6月3日)
「マッキントッシュ 0002」キコ・コスタディノフによる“ガラス”着想のコートやジャケット

マッキントッシュ(MACKINTOSH)より、セントラル・セント・マーチンズ芸術大学出身のデザイナー、キコ・コスタディノフ(Kiko Kostadinov)が手掛けるユニセックスのライン「マッキントッシュ 0002(MACKINTOSH 0002)」のアイテムが登場。2018年2月下旬より発売する。

「マッキントッシュ 0002」は、2017年9月に発売された「マッキントッシュ 0001」に続くコレクション。シーズンごとにナンバリングしていくとともにウェアも更新し、新たなブランドの軌跡を紡いでいく、コンセプチュアルなラインとなっている。

前回は、全てを黒で統一したコレクションを見せたが、今回は一転、薄いグレーのジャケットや深みのあるブルーグリーンのニット、ダークレッドのブルゾンなど、含みのあるペールカラーを基調とした、透明感のあるアイテムを展開。インスピレーション源は、イタリア人アーティスト、マリオ・メルツの作品。無骨な鉄骨やまだらガラスといったモチーフから着想を得た。

ストレートなフォルムのジャケットやワイドパンツは、ワークウェアやユニフォームの要素を取り入れながらも、端正でクリーンなシルエットに仕上げている。

イタリアのテキスタイルブランド「ロロ・ピアーナ」の撥水ウールファブリックや、日本の老舗毛織物メーカー「ニッケ」の綾織ウールを伝統のゴム引きファブリックで仕立てた、プルオーバーコートやジップアップジャケットが登場。半透明の超軽量ポリエステルを使ったオーバーサイズのレインウェアなど、マッキントッシュが誇る高品質なアウターが揃う。

その他、構築的なデザインのプルオーバーや開襟シャツなども展開する。ハンドメイドで作られたガラスバングルや、ゴム引きファブリックで仕立てたバッグといった小物類は、ユニークでミニマルな印象のアイテムに仕上がっている。

【詳細】
マッキントッシュ 0002
発売時期:2018年2月下旬
取扱場所:マッキントッシュ直営店、ドーバー ストリート マーケット ギンザ、他
■価格帯
・アウター 69,000~220,000円
・ボトムス 48,000~198,000円
・トップス 22,000~240,000円
・ニット 32,000~52,000円
・アクセサリー(靴含む) 27,000~118,000円
バッグ 44,000~98,000円

【問い合わせ先】
マッキントッシュ ジャパン
TEL:03-3589-0260

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.