くらし情報『メゾン マルジェラ 2018年秋冬コレクション - 破壊と幻想から生まれる新しいグラマーの定義』

メゾン マルジェラ 2018年秋冬コレクション - 破壊と幻想から生まれる新しいグラマーの定義

2018年3月9日 02:00
 

関連リンク

・TASAKI“海の光や流れ落ちる滝”をイメージした、新作パールジュエリー
・夏はオレンジを効かせて明るく見せる☆大人女子のオレンジコーデ15選
・ベルトがアクセントのコーデですっきりスタイルアップ!
メゾン マルジェラ 2018年秋冬コレクション - 破壊と幻想から生まれる新しいグラマーの定義

メゾン マルジェラ(Maison Margiela)の2018-19年秋冬コレクションが、フランス・パリで発表された。

今シーズンのテーマは「リラックスド・グラマー」。昨シーズンの「アンコンシャス・グラマー」の進化版として、アーティザナル2018年春夏コレクション同様のテーマで進行する。

クリエーションの対象となったのは、メンズのワードローブだ。テーラードジャケットやトレンチコート、またスポーツアイテムも男性のユニフォームの代表としてピックアップされている。それらは「ドレッシング・イン・ヘイスト(Dressing in haste)=急いで服を着る」のジェスチャーがシルエットに落とし込まれ、上下逆さまに着る発想や、洋服の構造を露わにする「デコルティケ」の技法など、ブランドらしい発想を持って新しい形で解釈され、ユニークなスタイルで登場している。

トレンチコートは、ライナーに光に反応して色が変化するリフレクション素材を採用した。カメラのフラッシュなどを浴びると、テキスタイルがじんわり色づく。テーラードジャケットやカウボーイジャケットは、オーバーサイズに。ウールジャケットには、3Dプリンターでアランニットのパターンを象ったディテールが施されている。さらに、スポーツウェアに代表されるナイロンパーカはバイアスカットのドレスへと昇華。カジュアルであるという概念を壊すように予想外のアプローチで取り入れられている。

着こなしは、ウィンドブレーカーの上にランジェリーがのっていたり、ジャケットの上からニットを着ていたり…。本来インナーに着るはずの服がアウターとして現れ、ここにもまた「ドレッシング・イン・ヘイスト」のジェスチャーがユニークなレイヤースタイルで登場した。

新アクセサリーは、レインコートのようにすっぽりバッグを包み込むクリアカラーのポーチ。ディテールにリフレクションをあしらったシューズやバッグもラインナップしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.