くらし情報『ディーゼル レッドタグ 第2弾 - Y/プロジェクトのデザイナー、グレン・マーティンスとタッグ』

2018年6月20日 08:40

ディーゼル レッドタグ 第2弾 - Y/プロジェクトのデザイナー、グレン・マーティンスとタッグ

合図の音が鳴るたび、彼らは階段を1段ずつ登り、そのループを繰り返す。

ある一段にはボンバージャケットを着用したモデル群。どのアイテムにも共通して、サイドにはボタンが並んでいたりジッパーが配されていたりして、如何様にも変形できる構造だ。単純に全てを閉めてロング丈で着こなすものもいれば、片側は開いて捻れをつくるものもいる。つまりはメンズでもウィメンズでも着られるし、マーティンスの思考通り着こなし方は自分次第というわけだ。

それはボトムスにも同じことが言える。ボトムスも同じくサイドにボタンが施され、きちんと止めれば原型を保ちハイウエストになるのはもちろん、サイドを開けば開くほどローライズになる。バナナの皮をむいたときのように捲れたウエスト部分は、また新たな意義を見出し、ある時はレイヤードっぽく、またある時は装飾っぽく振る舞う。洋服自体の意義が、着る人の考えによって左右される感覚が面白い。

オーソドックスなアイテムが揃う中、自身のブランドでもフォーマルとストリートの組み合わせを得意とする彼が、そのビジョンをデニムのパイオニアとしての不動のポジションを誇るディーゼルに投影している。そのほか基礎に置いたのは、ボンバージャケット、テーラードジャケット、ネルシャツ、デニムパンツ、スウェットなどのラインナップ。日常的に身につけやすいものをチョイスしているからこそ、きっとより強く多様性を感じられる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.