くらし情報『メゾン マルジェラ 2019年春夏コレクション - 区別は必要なのか』

2018年10月4日 02:00

メゾン マルジェラ 2019年春夏コレクション - 区別は必要なのか

の考えをより際立たせた。これは男性服?女性服?という問いから観客が放たれ、洋服そのものに着目するように仕向けたのだ。

紳士服として誕生した、いわゆる男性性の強いテーラードジャケットは、ケープシルエットに変化させることでそのアイデンティティを捨て去る。プリーツドレスは、メンズモデルが着用することでケープにも、新しいシャツにも解釈することができ、フェミニニティと距離を置いた、全く新しい洋服として新しい命を宿している。

「想像力」を搔き立てられるアイデア
洋服そのものにも「想像力」を搔き立てられるアイデアが満載だ。シェイプはスカートの形をしているが、襟がついていたり視覚的にはジャケットにも捉えることのできるピース。後ろにはボックスプリーツが施されていて、ますますトップスなのかボトムスなのかその境目を曖昧にする。

テーラードのコートは、アウターとしての主張を強めるベルトをベルクロに変更することで、ドレスのようにもみえる新しい表情を引き出した。ジャケットにはスリットを配すことで、着こなしによってはノースリーブトップスにも変化。また、トレンチコートはアームの後ろのスリットから、中に来たインナーを外に出すことができるようになっていて、アウター・インナーの関係性に新しい形を作り出した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.