くらし情報『映画『カツベン!』周防正行監督&成田凌主演、日本映画の始まりをアクション×恋×笑いで描く』

2018年10月1日 11:20

映画『カツベン!』周防正行監督&成田凌主演、日本映画の始まりをアクション×恋×笑いで描く

映画『カツベン!』周防正行監督&成田凌主演、日本映画の始まりをアクション×恋×笑いで描く

映画『カツベン!』が2019年12月13日(金)に全国で公開される。監督は周防正行、主演は成田凌

周防正行による4年ぶりのオリジナル映画
周防正行監督による、『舞妓はレディ』以来4年ぶりとなるオリジナル映画『カツベン!』。物語は、今からおよそ100年前、映画=活動写真がまだサイレントでモノクロだった時代を描く。当時の日本映画では、楽士の奏でる音楽とともに独自の“しゃべり”で物語を進行し、観客たちを映画の世界へと導く“活動弁士”、通称“活弁(カツベン)”が活躍を見せていた。

活動弁士と日本映画の始まりを描くノンストップエンターテインメント
主人公は、そんな活動弁士を夢見る青年。とある小さな町の映画館に流れついたことからすべての物語が始まる。超満員の映画館、隣町のライバル映画館、再会を果たした初恋相手、大金を狙う泥棒、ニセ活動弁士を追う警察までもを巻き込み、やがて事態は誰もが予想もしなかった展開へ……。日本映画の始まりを題材に、アクション×恋×笑いの要素を織り交ぜたノンストップエンターテインメントが繰り広げられる。

主演は成田凌、ヒロインは黒島結菜
活動弁士を夢見る主人公、俊太郎を演じるのは、雑誌『メンズノンノ』専属モデルとして活躍し、映画『劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』にも出演している、若手俳優の成田凌

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.