くらし情報『映画『罪の声』小栗旬×星野源が初共演、昭和最大の未解決事件に挑む - ベストセラー小説を映画化』

2019年4月21日 11:05

映画『罪の声』小栗旬×星野源が初共演、昭和最大の未解決事件に挑む - ベストセラー小説を映画化

』(原題:GOZILLA VS. KONG)でハリウッド映画進出も決定している。

また、もう1人の主人公・曽根俊也を演じるのは星野源。映画初主演の『箱入り息子の恋』、園子温監督『地獄でなぜ悪い』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、俳優・音楽家・文筆家として幅広く活躍している。小栗旬と星野源が共演するのは『罪の声』が初となり、期待が高まる。

監督は、『いま、会いにゆきます。』『涙そうそう』『ハナミズキ』『麒麟の翼~劇場版・新参者~』『ビリギャル』など幅広いジャンルを手掛ける土井裕泰。脚本は、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「重版出来!」「アンナチュラル」「空飛ぶ広報室」、『図書館戦争』シリーズなどの野木亜紀子が担当する。

あらすじ
平成も終わりを告げようとするとき、昭和最大の未解決事件に翻弄される2人の男がいた。新聞記者の阿久津英士(小栗旬)は、昭和最大の未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、残された証拠を元に取材を重ねる毎日を過ごしていた。そして30年以上前の事件の真相を追い求める中で、どうしても気になることがあった。なぜ犯人グループは、脅迫テープに男児の声を吹き込んだのか。

京都でテーラーを営む曽根俊也(星野源)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.