くらし情報『ザ・ノース・フェイス「ムーン・パーカ」“微生物”由来の構造タンパク質素材を使った世界初のジャケット』

2019年9月1日 13:10

ザ・ノース・フェイス「ムーン・パーカ」“微生物”由来の構造タンパク質素材を使った世界初のジャケット

ザ・ノース・フェイス「ムーン・パーカ」“微生物”由来の構造タンパク質素材を使った世界初のジャケット

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)から、構造タンパク質素材を採用した世界初のアウトドアジャケット「ムーン・パーカ(MOON PARKA)」が登場。2019年12月12日(木)より、事前応募者に計50着限定で販売する。

“微生物”由来の構造タンパク質素材を使った、世界初のアウトドアジャケット
「ムーン・パーカ」は、ザ・ノース・フェイスと合成クモ糸繊維「QMONOS」で知られる繊維企業スパイバー(Spiber)社によるコラボレーションプロジェクト「ザ・ノース・フェイス エスピードット(THE NORTH FACE Sp.)」の第2弾アイテム。その最大の特徴は、3層から成る表地の表側の素材に、微生物による発酵プロセスを利用して製造される構造タンパク質「ブリュード・プロテイン」※を100%使用していることだ。

※「ブリュード・プロテイン」とは
ザ・ノース・フェイスとスパイバーによる共同開発によって生まれた「ブリュード・プロテイン」は、主原料を石油などの化石資源に依存しない、スパイバー独自の発酵(ブリューイング)プロセスによって製造される構造タンパク質。生き物の進化のプロセスと同じように、分子レベルでの改良を繰り返すことで、素材の特長をデザインすることが可能だという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.