くらし情報『展覧会「フランス絵画の精華」大阪市立美術館で - バロック~ロココの変遷、仏美術史を辿る約90点』

2020年2月21日 16:30

展覧会「フランス絵画の精華」大阪市立美術館で - バロック~ロココの変遷、仏美術史を辿る約90点

展覧会「フランス絵画の精華」大阪市立美術館で - バロック~ロココの変遷、仏美術史を辿る約90点

展覧会「フランス絵画の精華ールネ・ユイグのまなざし」が、2020年4月11日(土)から6月14日(日)まで、大阪市立美術館で開催される。

フランス絵画で最も華やかな3世紀を辿る
「フランス絵画の精華ールネ・ユイグのまなざし」では、フランス絵画の中で最も華やかとされる、17世紀の古典主義や、18世紀のロココ、19世紀の新古典主義に渡る3世紀の名品を展示する。本展のために約90点もの展示品が、ヴェルサイユ宮殿美術館や、オルセー美術館、大英博物館など、フランスやイギリスの代表的な美術館から集められた。

17世紀の「大様式」の形成
まず最初に紹介するのは、17世紀のフランス芸術に多大な影響を及ぼした大様式の形成過程だ。特に、フランス芸術の新しいページを開いたとも言われるシモン・ヴーエやジャック・ブランシャールらの名品を展示し、大様式のはじまりを紹介していく。彼らによってイタリアからフランスへと持ち込まれた、快活で抒情的、そしてバロック的な作品群は、フランス「大様式」の種子となっている。

また、古典主義に最も重要な役割を果たしたとも言われるプッサンの作品にも注目する。彼の活躍で、色彩よりもデッサンを重視する大様式が完成し、彼亡きあと、その作風は王立美術アカデミーを創設する若い画家たちの手本となったと言われる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.